1人営業の美容室ってどんな感じ?メリットとデメリットとは?

こんにちは!美容院リベルタの美容師 佐々木です♪リベルタは1人で営業している美容室。スタッフはもちろん私しかいません。三郷にも美容室は沢山ありますが、チェーン店や座席数の多いサロンさんもあれば、リベルタのように1人サロンも点在しています。今まで1人サロンに行ったことがない人からすると、《どんな感じなんだろう?》と思う部分もあるかと思います☆

いつもはスタッフの多いヘアサロンへ通っている方も、1人サロンがどんな場所か知ったら行きたくなるかも!?今回は1人美容院のメリットとデメリットについて、お客様の視点から考えてみます。大きなヘアサロンと小さなヘアサロン、どちらもそれぞれの魅力がありますが、今回は1人営業の美容室にスポットライトを当ててみたいと思います♪

1人サロンのメリットは?

お客様に寄り添う事ができる
1人営業の美容室では、お客様はいつも同じ美容師に施術してもらうことになるので、美容師がお客様の好みや髪の状態を理解しやすくなります。これにより、お客様のニーズに合わせたサービスを提供できるほか、施術履歴も把握しているため『今度はこんな髪型にしてみますか?』『次回はこんなメニューをやってみますか?』など、色々ご提案しやすくなります。

また、毎回担当が変わるわけではないのでカットのオーダーも『伸びた分で』と言えば美容師に伝わります。毎度毎度自分の髪型を細かく説明する必要もないので煩わしさはありません。お客様の生え癖や特徴も把握しているので、『○○さんはこれ以上切るとハネるからこのくらいにしておきますね!』など、ちょうどいい所で見極めてくれるのもいい所☆
信頼関係がどんどん深まれば、お任せオーダーもできるくらいの関係になれるのも1人美容室ならではです!

プライバシーが守られる
大きなサロンでは、周りに他のお客様がいることで落ち着かないと感じる人もいるかもしれません。しかし1人営業の美容室では、その心配はありません!あなただけの空間で、リラックスしながら施術を受けられるため、ついウトウトしてしまう人も。ご近所さんやママ友と鉢合わせることもないので、常に人の目を気にしないで済みます。

贅沢な時間を1人締めできる1人サロンは病みつきになっている人も多く、『もう大きいサロンには行けない!』というお言葉をよく聞きます。家に帰ってもなかなか1人の時間がない世代にとっては美容室が唯一の癒し時間になっている人もいるようです♪

ヘアサロンで過ごすゆったりとした時間
大きいサロンでよくありがちなのは『少々お待ちください!』の一言。スタイリストも2人3人のお客様を同時進行していて施術途中で待たされることもしばしば。カラーを塗るとき、シャンプーするとき、乾かすとき。全てが違う担当が入れ替わり、終わりの予定時間も読めません。しかし、1人営業の美容室では、予約時間はあなただけのものです。急かされることなく、自分自身を労わる時間を持つことができます。

もちろん最初から最後まで同じ担当者が施術してくれるため、『今日はお休みですか?』など、同じ質問を聞かれることもありません(笑)1人サロンは予約枠がきちんと決まっているので終わり時間も正確。次の予定も立てやすいですよね!

1人営業の美容室のデメリットは?

美容室 予約の制約
1人営業の美容室は、一度に一人のお客様しか受けられないため、予約が混み合うことがあります。1日に担当できる人数にも限りがあるため、予約枠は少ないです。また、急なキャンセルや変更に対応するのが難しい場合があり、予約の変更をお願いしてもだいぶ先になってしまうこともあるかもしれません。

また、『今日髪の毛を切りたい!』と思っても当日美容室の予約が既に埋まっていればお断りされる事もあるため、先の予定を立てて余裕を持った予約を取る必要があります。お客様が予約時間に遅れてしまった場合でも、次のお客様が来店すると手がたりなくなるため予約を撮り直して頂くこともあります。
1人営業のヘアサロンは人気があればあるほど予約が取りにくくなっていくので、自分の都合で予約を取るよりも、サロンの空き状況に合わせて行くこともあるため忙しい人にとってはハードルが高くなってしまうことも。

リベルタもご予約が毎回取りにくくお客様にはご迷惑をおかけしているヘアサロンです。ただ、なるべく皆さんにご対応できるようにLINEやGoogleにて予約空き情報を常に配信しています☆それでも毎回来店していただいているお客様には感謝しかありません!!

サービス範囲の制限
大きなヘアサロンでは、色々な施術を専門とするスタッフが揃っていることが多いです。しかし1人営業の美容室では、その美容師のスキルや経験により、提供できるサービスが限られることがあります。カラーリングでいえば、ヘナやマニキュア、ブリーチなどの特殊カラーを取り扱っていない1人サロンもあります。

1人営業は、オーナーの特色や趣味・趣向が強く出るため、サロンオーナーが苦手とするメニューはやっていないかもしれません。店内の雰囲気もオーナーの好みで作られていれば、好みの違いも出てくるかも!?ハワイアン調のゆったり空間だったり、ハードロックなメタル調サロン。看板犬がいたり、バイクが置いてあったり、様々なタイプの1人サロンがあり、サロンの内装もメニューもオーナー次第!

三郷の美容室 リベルタでもヘナやマニキュアは取り扱っているものの、ブリーチ施術は現在受け付けておりません。ブリーチを取り入れなかった理由は、リベルタの信念である【いつまでも美しい艶髪をご提供する】ことにこだわり、ブリーチはやらない事にしました。そのかわり、とにかく艶重視の施術を取り入れ、お客様全員サラサラでツヤツヤの髪の毛をご提供させていただいております☆また、リベルタの店内は緑とウッドが基調とした店内。佐々木の趣味で1から自分でデザインした内装はお気に入りです♪私のこだわった店内を是非一度ご覧になってみてください!

ヘアサロンの営業時間
1人で営業している美容室は、休憩時間や休日を必要とします。そのため、大きなサロンに比べて営業時間が短かったり、営業日が少ない場合があります。決まった定休日以外にも予定が入ればお店を休みにしたり、予約が入っていなければ早めに帰っていたり、1人サロンは割と自由に営業しているイメージ。

昔、私自身もチェーン店で勤務していた過去がありますが、その時は交代でお昼休憩をとっていました。しかし私の場合、今は休憩を取らず、お昼も食べない毎日です。体にはよくない事はわかってるんですが、休憩している時間に1人でも多くのお客様を施術してあげたい一心で、もう何年も休憩を取らないスタイルで営業しています。そんな佐々木を見かねてか、優しいお客様たちは差入れを持ってきてくださり、『一緒に食べよう!』と言っていただけると、モグモグしながら施術させていただいたこともありました(笑)1人営業は、いい意味でもアットホームなサロンになっていると思います。

美容院リベルタの定休日は毎週火曜と第一・第三水曜日です。ただ、訪問美容もやっているため、どこかで仕事はしていますが店舗にいないこともしばしば。法事や冠婚葬祭が入れば休みますし、よっぽどの予定があれば休みにするかもしれません。そういった意味では1人で営業している分、不定休になりがちな部分はお客様からしたらデメリットになるかもしれません。

自分のニーズに一番合った選択をするポイントは?

時間:1人営業の美容室は、施術に対する時間をじっくりと確保することができます。もし、急ぐ必要がなく落ち着いた環境でゆったり癒しの時間が欲しいのであれば、1人営業の美容室は最適です!ワイワイ賑やかな場所やいろんな人とおしゃべりするのが好きな人は大型店の方が楽しいかもしれません。

専門性:1人営業の美容師は、その分野で非常に専門的なスキルを持っていることが多いです。特定のスタイルや施術を求めているのであれば、その分野のスペシャリストを見つけることが大切。自分の好みとサロンが合うか?は、しっかり見極めたいところ。色々施術したい人は大きいサロンの方がメニューも豊富な場合があります。

予約の取りやすさ:あなたのライフスタイルによっては、大きなサロンの方が予約が取りやすい場合があります。『今日切りたい!』『今日しか時間がない』人は、大型店がオススメ。当日予約も取れる確率が高いです。しかし、予定が固定的であれば、1人営業の美容室の予約も取りやすいはず。

個別のケア:1人営業の美容室では、美容師があなたの髪とそのケアについて深く理解してくれます。いわば、あなたの専属美容師さんになってくれるのは1人サロン!これにより、個々のニーズに対応した施術を提供できる可能性が高いのはマンツーマンサロンです。毎回髪型に飽きて、その都度ヘアスタイルを変えたい人はあえて大きい美容院でスタイリストを変えると違った自分に出会えるかも!?

結論として、1人営業の美容室は、お客様1人1人に向けたサービスと、ゆっくりとした時間を求めるお客様にとって魅力的な選択肢となります。一方で、予約の取りやすさやサービスの幅広さを求めるお客様にとっては、大きなヘアサロンの方が良いかもしれません♪

しかし、どちらを選ぶにせよ、大切なのはあなたが満足できる施術を受けられるかどうか!だからこそ、あなた自身の一番ベストなヘアサロンを選んでくださいね♪

埼玉県三郷市早稲田 ヘアサロン 美容室

三郷 美容院・美容室・ヘアサロン

関連記事

  1. リベルタでシェアサロン!自分らしく、自由に働きませんか?

  2. 美容室を開業する!と決めたらまずやる事

  3. 絶対失敗しない美容院選び3つのポイント!

  4. 美容院が苦痛。みんなが思う美容室の苦手な理由やポイントとは?

  5. 美容院症候群!?美容室で体調が悪くなる原因と対策

  6. 大切な開業店舗 どこの内装業者に依頼する?