湿気がイヤ!梅雨に髪がまとまらない時の対策とは?

こんにちは♪美容院リベルタの佐々木です。

これからやってくる梅雨。5月~7月にかけて湿度が高まり【広がる】【うねる】【クセが出る】といった髪がまとまらない季節がやってます。毎朝しっかりスタイリングして家を出ても、目的地に到着した時にはボサボサ状態なんてことも。朝の時間は何だったの?せっかくばっちり整えたのに憂鬱。髪のお悩みがある人にとってはイヤな季節ですね。今回は髪の湿気対策についてご説明します♪

どうして湿気で髪が広がるの?

髪の毛が広がる原因は毛髪内の水分量。健康な髪の毛というのは一定の水分が均等に含まれています。反対に、ダメージのある髪やクセ毛の水分量は均等になっていません。水分が含まれる髪と水分量の少ない髪が入り交ざっているんですね。

髪が傷んでいる部分は、表面のキューティクルが剥がれています。キューティクルというのは髪の内部成分をしっかりと閉じ込めてくれる役割。その部分が破損しているということは、水分が必要以上に蒸発してしまい乾燥しています。その結果、乾燥している部分に湿気が加われば水分を過剰に吸い込み広がる原因につながるんですね。

また、髪の毛というのは場所によってダメージ度合が違います。1本1本傷んだ部分が異なるため、まとまりにくさが出てしまいます。例えば根本の髪と毛先。どっちが傷んでいると思いますか?根本は新しく生えてきた部分になるため、ダメージ蓄積の履歴も浅いです。逆に毛先というのは月日を経てダメージが加わっている状態。それぞれの髪の状態が違えばうねりや広がりの原因につながっていくんです。

まとまりやすい髪になるための対策とは?

 

湿気で広がらない、まとまりやすい髪を作るためにはやはり、【髪のヘアケアを欠かさない】というところから見直していかないといけません。

うねりや広がりの原因が水分量ということが分かったかと思います。毎日のドライヤーやヘアアイロン、紫外線などによって毛髪は負担を抱えています。日々のダメージが蓄積されればされるほどキューティクルはどんどん剥がれていくため、髪に必要な水分量が失われて行きます。

かといって、毎日ドライヤーをしないわけにはいきませんし、紫外線を浴びない!なんて神業は難しい。一切外出しないのか?それとも完全防備で外に出るのか?どれも現実的ではないですよね。髪の水分量を保つためには髪を傷ませない!ということが大切。日々蓄積されるダメージを早い段階で修復すればいいわけです♪そのためには毎日のヘアケア一択です!

ヘアケアを怠るな!

毎日トリートメントをしていますか?ヘアオイルは使っていますか?まずは自分がやっているケア方法を見直してみてください。広がりやすい、まとまらない季節こそ日々のケアが重要になってきます。

時々、『トリートメントは週1だけ』『ヘアオイルはたまに使う』なんて人もいますが、例えば顔につける化粧水はどうでしょうか?化粧水も週1だけ?時々しか化粧水は付けない?そんなことはないですよね!顔に化粧水を毎日つけないとパリパリに乾燥するように、髪の保湿も毎日しないとバサバサしてくるのは当然です。

自分の髪がまとまらないと悩んでいる人は毎日のヘアケアを見直してみてください。正しいケアをすることによって髪の水分が保たれれば湿気に負けない綺麗な髪の毛を維持することができるはずです♪

髪の広がり対策に重要なことは、
・髪を乾燥させない
・ダメージを蓄積させない

これらを気を付けるだけでも日々のスタイリングも楽になること間違いなし♪自分に合ったヘアケア商品がわからないという人はお気軽に相談してくださいね☆髪質や状態に合ったものを使えば憂鬱な気分になることなく梅雨時期を乗り越えられるはず。毎日コツコツヘアケアを頑張りましょう♪

 

埼玉県三郷市早稲田 ヘアサロン 美容室

三郷 美容院・美容室・ヘアサロン

関連記事

  1. なぜ美容室での仕上がりはサラサラにまとまるの?自宅ケアとの違いは?

  2. 夏に起こる頭の地肌トラブルとは?原因と対策方法

  3. テレワークの人は危険!パソコン作業が薄毛の原因に!?

  4. 夏の猛暑!湿気や汗で憂鬱な気分の時に最適なヘアケア方法とは?

  5. 近年増加傾向!?若い人の薄毛問題

  6. みくびってはいけない!睡眠不足による恐ろしい髪への影響